障害を正しく知らないと、損をしています

質問です。

今までの人生で

正しく障害を知る機会はどのくらいありましたか?

 

多くの方が十分ではありません。

なぜなら、知る機会が用意されていないからです。

 

知る機会が十分ではないのに

まるで「全ての人が障害を知っている」かのように

時は流れてきました。

 

例えば、優先席や多目的トイレ、特別支援学級、障害者雇用 ――。

これらを活用している人たちのことを

正しく知っていますか?

障害をもっていても知らない方もいます。

 

実は障害を知ることで、

心の底から「知って良かった!」と思えます。

 

ですから、知らないと損をしているのです。

知らないことで、人生が大きく変わってしまう人もいます。

 

当然、健常者も障害者も関係ありません。

全ての人が対象です。

 

そして、その「知って良かった!」は人それぞれ異なり

知ることで得られます。

※「知って良かった!」の一例は、下記をクリックしてください。

個人向け「知って良かった!」
企業・団体向け「知って良かった!」

 

障害は知ろうとしないと知ることができません。

障害を正しく知り、あなたの「知って良かった!」を手にしませんか?

 

ルールリマブランチは、

正しく障害を知る機会を

あらゆるスタイルでご用意しています。

詳細は下記をクリックしてください。

個人向け
企業・団体向け